■闇朱の獣牙兵団のボス(ボーガ)の後退について【ドラクエ10/防衛軍】 ■
(公開日:Vu−.− 2019/04/06)
(更新日:Vu5.1 2020/02/25)
 
どうも、そら・てんです。
 
ボーガ(ボス)の後退は闇朱の獣牙兵団を周回する上で絶対に対策しないといけない1つです。
 
ボーガ(ボス)の後退について理解する事とそれをどうに対応したら防げるかを理解して闇朱の獣牙兵団を快適にできるようになればと思います。
 
 
 




 
 
 

なぜ、後退をさせてはいけないのか

これは簡単な事ですが、災禍やガジェットを使用した時にボーガが後退すると災禍の効果から逃げてしまう事やガジェットが遠くなり火力を出せる時間が減ります。
まとめて言ってしまえば、ラッシュが成立しなくなってしまいます。
 
 

後退する技は?

スプラやしゃくねつの射程がある技で後退をするようです。
 
 

ボーガ後退を対策するフォーメーションはいくつかあります

それぞれにメリットデメリットをあげてみます。
 

①魔法戦士がボーガの真後ろに立つ方法

メリット :後退してきたボーガを抑えることができる
デメリット:魔法戦士はガジェットに乗れない
斜めに後退してきた場合防げない場合がある
 

②魔法戦士と踊り子で両後ろ足に立つ方法

メリット :後ろに2人いることで斜めの後退にも対応ができる
デメリット:魔法戦士と踊り子はガジェットに乗れない
 

③誰も後ろに立たない方法

メリット :全員ガジェットに乗れる
デメリット:後退させたら止まらない
 
 

ボーガ後退を止める方法

やっと本題ですね
ボーガの後退は意図的に止めることができるそうです。
その方法は相撲状態から相撲解除する事で後退を止めるそうです。
 
ボーガ(ボス)が下がる→相撲状態になる→相撲状態を解除する→ボーガが止まる
 

実践で考えてみよう

魔法戦士1人でやることを想定しています。
AI1後(AI2前)のしばりが一般的だと思いますので、まずAI1後(AI2前)でしばりを使った場合からです。
 

AI1後(AI2前)のしばりの場合

しばり(20秒間)が終わったら、ボスが2回目の行動を選択してきます。
ここはボーナスターンみたいなものなのでガッツリガジェットを利用して攻撃しましょう。
 
AI2が終わって3回目の攻撃で下がるのでAI2が終わるタイミングでボーガとくっついておきます。ここでは行動はしないです。なぜくっつくのかと言うと経験上少し離れていると横に逃げてしまうことがあったのでそれを防止するためです。
 
あとはボーガ(ボス)が下がる動きをしたら相撲を解除するだけで止まるはずです。
相撲の解除方法はボーガが下がってきたら同じ方向に移動すれば解除になります(ボーガ→魔戦→)。
※余談ですが、AI1後のしばり後の2回目の攻撃はキャンセルが発生したりするので、意外と攻撃する時間が伸びます。
 

AI0のしばりの場合

慣れPTで採用されてる戦略です。
しばり(20秒間)が終わったら、ボスが1回目と2回目の行動を選択してきます
 
あとはAI1後(AI2前)のしばりの場合と一緒です。
※AI0しばりの場合は行動キャンセルは無いイメージです。
 

AI2後のしばりの場合

慣れPTで採用されてる戦略で、スプラで必殺チャージがない場合に2回目の攻撃も受けます。回復がしっかりしてないと崩れるので要注意です。しばり(20秒間)が終わったら、3回目の行動なのでしばりがとけたら下がる動きをしてくると思ってください。
 
なので、最初から魔法戦士はボーガ(ボス)の後ろにいるといいです
 

まとめ

今のことをまとめると
●1ラッシュ目のAI0〜AI1後(AI2前)のしばりの場合は前で後退対策を行い、1ラッシュ目終わりとともにボーガ(ボス)の後ろに移動し、その後の後退を予防する
 
●1ラッシュ目のAI2後のしばりの場合は最初からボーガ(ボス)の後ろで後退対策を行い、その後の後退も予防する
 
特に全体を通しての、ボーガの後退対策を行うと全員の意識がとても重要になり、そっちのことばかり考えてせっかくの好条件の火力を出せなかったり、2連ふみつけで全滅したりする場合もあると思います。
 
特に1ラッシュ目で周回は決まると思うので、最初だけでも魔法戦士が火力だせれば、タイムが縮んだり、周回スピードが上がるのではないでしょうか。
 
 

さいごに

あくまで、そら・てんのにわか知識の中での考えなので、文句は受け付けませんw
 
では、楽しい防衛軍周回ライフを送ってください!